インフォメーション

2019 / 04 / 04  15:31

地区紹介:住吉地区

sumiyoshi_yoshida.jpg
吉田

吉田地区はJR住吉駅を基点に南北にまたがり見物するのに好位置です。

当地区地車の飾り幕は「玉をとる龍」。8福神をあしらった昼提灯。地車本体は2年に渡る平成の大改修を行いました。豪華絢爛な装飾を施し、また川原啓秀の彫刻など伝統と文化を継承し、時代に合わせて新しいものも取り入れています。

今回のパレードに参加する豪華絢爛な吉田地区の地車を是非ご覧にお越しください。

sumiyoshi_sora.jpg

空地区のだんじりは、1889年(明治22年)頃のもので、2代目黒田正勝師の携わった現存する唯一の地車です。

最も古く最大級のものと言われており、数度の改修を経て現在の姿になります。良き伝統を守りながらも、新しいものを積極的に取り入れています。

新元号となり、また新たな歴史を刻む空地区のだんじりを是非ご覧ください。

sumiyoshi_goden.jpg
呉田

呉田地区のだんじりは4本の通し柱を含むすべての柱、匂欄、木鼻、枡合、枡組、屋根裏の化粧垂木、および火延垂木には黒檀が使われ、虹梁には黄金檀がつかわれています。

特に飾幕は神戸型では珍しい白幕を用いており、金糸と銀糸で編み込んだ夫婦龍が特徴的で通称「呉田の白幕」と呼ばれ皆様にとても親しまれております。

協議会、若仲会が中心となり地区各種団体の協力も得て、伝統文化財産として大切に後世に継承していく所存です。 

sumiyoshi_yamada.jpg
山田

山田地区は、住吉町の最北端に位置し、十五世紀の初め頃から山新田として開墾され「山田」という地名になりました。

江戸時代には六甲山系の清流を利用した水路が整備され、最盛期に百基近くあった水車は「灘目の水車」と呼ばれていました。

現在も先人達が引いた水路が残っており、山田区民会館の横には太郎車・次郎車という大小二基の水車があります。お近くへお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。

sumiyoshi_suminoe_re.jpg
住之江

住之江區は6年もの歳月をかけて(株)板谷工務店、木彫刻賢申堂、(株)仁科旗金具製作所、(株)金鱗、村上鉄工所の手により地車を完成させ、今年4月に四代目地車新調入魂式を執り行い、御大典奉祝だんじり巡行には新しい地車で参加いたします。

住之江地区協議会をはじめ、若仲会、世話人が一体となり、豪華絢爛で勇壮な地車巡行を是非御覧ください。

地車が停車中にはお近くに寄って頂き、見事な出来映えの彫刻、飾り幕、昼提灯にも御注目御願い致します。

 

sumiyoshi_nishi.jpg
西

西區は江戸時代から本住吉神社の宮本として宮入していましたが、明治四十年頃の地車曳行禁止令により売却されてしまいました。

大正十二年頃、地車曳行禁止が解かれると二代目地車を淡路より購入しましたが、昭和二十年の神戸大空襲により焼失しました。その後昭和三十六年に垂水区の東垂水地区より地車を譲り受け三代目地車として復活。

幾度の改修を行い、地区の財産として大切にしてきましたが、躯体の劣化に伴い協議会会長を中心とした地車新調委員会を立上げ数年の歳月をかけて、平成二十七年に四代目の西區地車として完成しております。

sumiyoshi_chaya.jpg
茶屋

この度、大改修を終え各所の彫刻の殆どを源平合戦を題材としたものに大きく生まれ変わった茶屋區地車。他にも義経の一生を描いた豪華絢爛な昼提灯、一新した錺金具など、見どころ満載です。先代地車より受け継いだ天保九年作とされる彫刻も一部残しており、何処にあるのか探すのも当地区地車をご覧頂く楽しみの一つであります。天保から昭和、平成を経て、さぁ新しい時代に地車と共にスタートです。

sumiyoshi_tantaka.jpg
反高林

この度、記念すべき奉祝巡行パレードに地車巡行にて参加できることを喜ばしく思います。

反高林地区は、伝統のある他地区にご協力を頂き、平成の本住吉神社例大祭に地車巡行で参加することができました。この場を借りて他地区の皆々様には厚く御礼申し上げます。

奉祝巡行パレードでは、熱い気持ちのこもった地車巡行をご披露致すべく、地区一丸となって盛り上げていきたいと考えております。暖かいご声援をよろしくお願い致します。